11.20天皇制いらないデモ実行委員会ブログ★

noisy minority!1  「天皇制いらないデモ」、こう思う

戦時中に罪なき人々を殺してきた光景と共通

     ………Cさん

 

 私は拡声器を持ってデモに参加していたのだが、突撃してきた右翼に奪われた。
その他にも、「日本から出て行け」「ブスっといくぞ」と罵られ、蹴られる、押し倒されるといった暴行を受けた。
 警察からも引っ張られたり押されたりしながら「早く行け」等と怒鳴られ、まるでこちらが悪い事をしているかのような扱い。
  デモの最中はただその場の暴力に対する恐怖を感じていたというのが正直なところなのだが、 冷静になって考えれば考えるほど 「天皇制」への恐怖、怒りを強く感じている。
 今回のデモの様子は、戦時中に「神の国日本」が外国を侵略し、罪のない人々を殺してきた光景と本質的に共通するものである。
 「排除」「暴力」「圧倒的な想像力の欠如」は天皇制の本質であり、昔の天皇制は悪かったけど今の天皇制はいい、というような話ではない。
 天皇制に反対しているだけで罵声を浴びせられ、暴行され、ネットで誹謗中傷される。 日本はこんな国でいいのか。
 こんな体制の中で個人として皆が尊重されるような社会はつくられ得ないと思う。

 私は尊重されたいし、皆を尊重できるような社会を生きたい。だから天皇制はいらない。

 

===============

 はじめて反天皇制デモに参加。おさんぽ気分が…

     ………E・Nさん

 

 今回初めて反天皇デモに参加しました。当日はおさんぽ気分で出かけましたが、井の頭公園駅に着くとフル装備の機動隊員の姿が目に入り、心の底から驚愕。おさんぽ気分は吹き飛びました。

 デモが始まると機動隊が「早く進め」と体を押してくるので、最初は警察に対して抗議をしていましたが、通りに出ると右翼の人たちがデモの列に突っ込んでくるため、警察に抗議する暇などなくなりました。右から左から次々と襲撃されるので、ただ受け身の姿勢をとり続けるので精一杯。いま起きているこれは何なのか、どうすべきなのか、衆人環視の中で一方的に振るわれる暴力を回避する手立てがないことに、ある種の絶望感を覚えました。私は女性に見られたからか、殴られたり蹴られたりすることはありませんでしたが、「ババア!何こっち見てんだよ気持ち悪ぃんだよ!」などの暴言を浴びせられました。デモ後、知人と無事を確認しあいましたが、皆疲れてボロボロ。この時、負傷した人もいたと知りショックでした。

 右翼の人たちと警察が結託するかたちでデモが潰されたというのは大変な事件だと思うので、この事実を広く共有し、天皇制を問う姿勢を崩さずに行動していかねばとの思いを強くしました。

 

=================

みんなできちんと怖がろう

    ………Tさん

 

 「怖いぞー」「警察はおすなー」「トイレに行きたいぞー」「疲れたぞー」と、途中もうヤケクソ本音モードで、肩に手をやり、腕を組みながら歩いたわたしたち。友達は持っていたみかんをわけてくれ、はぁ、と暴力の台風の目の中で、いつ押し倒され引きずられるかわからない緊張感の中でも、ひと息ついてみる。

 これが日々何事もないかのように過ぎていく日常のパラレル・ワールドとして、しかし確かに存在する現実(反天皇制を主張して歩けば、人権も何も存在しない)、なのだと思うと、もう腹を据えて「闘うか」「亡命か」くらいまで歩きながら考えた。そうか、日本はここまで来たか。じわじわと追い詰めた挙句に、国や天皇に同一感を持つことでしか生きている実感のない人を作り上げ、ここ まで暴力のとりこにさせて、弱いものが弱いものをたたく構図に組み込んでいく。

 反天皇といえば、ほかのイシューの運動体からも嫌われ、「怖い」「人が集まらない」だの言われるけど、この期に及んで、天皇制を批判できない運動って、本当に運動と言えますか?だ。みなできちんと怖がろう。なかったことにはしたくない。「怖かった」「もうやだ」といったごく個人的な感情を大切にしながら勇ましさに回収されない言葉を紡ぎだしたい。

 

===============

 こちらが苦しい時は、あちらも苦しい

     ………Mさん

 

 事前の襲撃予告があったので予想はしていたが、ここまでひどい右翼の攻撃とは思わなかった。大横断幕は15分で撃沈して、大敗北を喫した。

 だが結果として、東京新聞にも載って、たくさんのカンパや激励もいただき、多くの人に「平成Xデー状況」を印象付けたのは大成功だったのではないだろうか。

 ほとんど「負けて勝つ」状態だが、決して負け惜しみではない。「8・8」攻撃があっても、何となくブツブツ言ってた我々が(私も含めて!)、とにもかくにも表に出て、惨めな結果のなかに共同性を打ち立てたのだ。ともにこの日の行動を準備した仲間たちのことを本当に誇りに思う。

 天皇「代替り」は、やはり天皇制が動揺する最大の場面だ。こちらが苦しいときは、間違いなく、敵も苦しい。当たり前の憲法的権利を行使することにすら、ここまでの攻撃をかけざるをえないほど、天皇制は苦しい。たった一歩踏み出すだけで、ここまでの事態を作れるのだ。チャンス到来、である。

 

 ==============

象徴天皇が国民の総意であるためには、私たち一人一人に象徴と思うことを強いねばならず、その手段は理解ではなく暴力だ、とはっきりした

      ………Bさん

 

 アキヒト天皇代替わり・天皇制に反対する闘いが、11月20日、東京・井の頭公園から始まった。「生前退位!?皇族解散しろ!11・20天皇制いらない集会」に100人が参加し、吉祥寺駅周辺でデモを行った。

 通常であれば、40分で歩き終わるデモコースだが、1時間30分もかかった。原因は、絶え間ない右翼の暴力、右翼と結託する警察の暴力だ。

 井の頭公園から住宅街を抜け、吉祥寺通りで待っている宣伝カーとデモ隊は合流する予定だった。しかし、警備と称する警察官らの目の前で、デモ隊が来る前に右翼が、宣伝カーのフロントガラスを竿で叩き割った。右翼が宣伝カーのナンバープレートまで盗み、「欠陥車はデモに行くな」と言い放った。それを見ていた警察は、フロントガラス破壊はともかくナンバープレートまで奪ったのはまずいと思ったのか、あわててナンバープレートを右翼から返してもらい、宣伝カーに渡す一幕まであった。もちろん、盗んだ右翼を窃盗で逮捕はしなかった。

 デモ中、右翼は、宣伝カーのスピーカーの線を切って音を出なくした。この日のために作った7メートルの大横断幕は、デモ開始15分で奪われ引きちぎられた。4台のトラメガも、参加者が持参した旗や旗ざおも破壊され盗まれた。メッセージボードやプラカード40枚は、数枚しか残らなかった。

 物損だけではない。横断幕やトラメガが盗まれ壊されるまでの間の人への暴力-殴る、蹴る、引き倒す―によって、6人以上が出血を伴うケガをした。たくさんの人が突き指や打撲も負った。右翼は、女性に対して集中的に暴行してきた。

 目の前で器物破損・暴行・傷害・窃盗が行われれば警察のメンツにかけて逮捕するのが普通だろうが、機動隊・公安警察官は右翼の襲撃を容認し、デモ参加者が襲撃されていようが地面に投げ出されていようがお構いなしに、デモ隊に「前に進め」と言いながら暴力的に引っ張ったり押したりし続けた。デモ申請時に「言うこと聞かないと車がボコボコになっちゃうよ」と警察が脅した通り、警察は思い描いた通りのデモを貫徹した。

 今回のデモで、はっきりしたことがある。

 天皇は、8月8日ビデオメッセージで「天皇のつとめが途切れることなく安定的に続いていくこと」に国民の理解を求めた。しかし、象徴天皇が国民の総意であるためには私たち一人一人に象徴と思うことを強いねばならず、その手段は理解ではなく暴力である、ことが好感度抜群の街・吉祥寺で露わになった。

 もうひとつは、右翼の窃盗・暴行を利用して、天皇制反対の表現が実質的に阻止されたこと。横断幕やトラメガが盗まれ壊されてデモの最後には訴える手段がほぼ地声しかなくなり、右翼と機動隊の暴力により整然と歩けなくなりデモであるかすらもわからなくなった。国家は法手続き的には反天皇制のデモも認めざるを得ない。天皇は平和を望むかのごとくふるまい、天皇制反対を許さない汚れ仕事は右翼がやり、警察が黙認し、実質的にデモをつぶす。

 右翼によるヘイトは、ヘイトスピーチ規制法で鳴りを潜めるどころか、沖縄での反基地闘争や反原発運動にも矛先が向かっている。もしも、天皇制反対デモへの暴力を許せば、右翼と警察の成功体験となり、暴力が拡大・エスカレートすることは想像に難くない。

 こうしたデモへの不当な介入が自治体を巻き込んでいることも、明らかになった。11月17日、武蔵野市安全対策課長が武蔵野市議会議員に、「11・20天皇制いらないデモ」について、と題するA4版1枚の文書を発出した。文書には、「武蔵野警察署からの情報が提供された」とあり、デモの期日/内容/集会・デモコース詳細/デモの規模/主催/当日対応が書かれている。デモの規模は、デモ隊は70~80人程度(警視庁見込)、機動隊は車輌100台と500~600人程度とある。当日対応は、警察は「集会、デモに反対する団体等による活動が予想されるため、混乱防止を行う」、それを受けた武蔵野市は「情報収集のため、防災安全部職員3名出勤」とある。警察は、デモ主催者に断りもなく情報を漏らし、天皇制反対デモに限って地域自治体に警戒を呼び掛けており、表現の自由を侵しているといえるだろう。

 これらは、川名ゆうじ・武蔵野市議会議員が、11月18日、自身のブログに「11/20は吉祥寺のデモにご注意を」と題して、デモ主催者に確認もせずにこの文書をそのまま載せたことでわかった。川名氏は、「11月20日に大規模となるデモが吉祥寺で行われ、混乱が予想されるとの情報提供が市議会にあった~略~交通渋滞など混乱が予想される。デモは14時から始まる予定。吉祥寺にお出かけ予定のある方は、ご注意ください」と書いている。しかし、交通渋滞への危惧に反し、文書に書かれていたデモコースをネットで拡散したために、右翼をいざなうことに川名氏は一役買ってしまった。たった100人規模のデモを大規模と表現しそれが吉祥寺を混乱させるかの如く書き、右翼のヘイト行動を非難もせずに交通渋滞を心配し、きちっと読めば14時からは吉祥寺周辺を避けた方が無難だなと思わせる内容になっている。

 自治体が天皇制を無批判で受け入れ、警察情報をうのみにし右翼のヘイト行動にも無批判になり、反天皇制デモにだけ表現の自由を侵して実質的にデモをつぶす行為に加担していた。

 こうしたさまざまな天皇制の暴力に対して、私たちができることは、自ら隊列を整えて行動することだ。