読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  11.20天皇制いらないデモ実行委員会ブログ★

35団体、341人が賛同してくれました。まだまだ、募集中!

 2月から、「11.20 天皇制いらないデモ(吉祥寺)」への 右翼・警察一体のデモつぶし―天皇制暴力―に抗議する声明の賛同を集めています。
 3/6現在、35団体、341人が賛同してくださりました。ありがとうございます。
 ウェブ上では団体賛同のみ掲載します。
 まだまだ、賛同募集中! ぜひ、ご賛同ください。


= = = 以下の内容を貼り付けたメールをください = = = =

「11.20 天皇制いらないデモ(吉祥寺)」への右翼・警察一体のデモつぶし―天皇制暴力―に抗議する声明に賛同します。

●お名前(個人または団体、ペンネーム可)
●肩書(あれば)                
●公開可否    可   または  否
 公表可の場合は、団体なら紙媒体とウェブ上で、個人なら紙媒体で公開させていただきます。
●送り先 メール tennoout@gmail.com

抗議声明賛同団体一覧(3/6現在、計35団体)

あ)アジェンダ・プロジェクト、ATTAC Japan首都圏
え)映画「侵略」上映委員会
き)救援連絡センター、キリスト教事業所連帯合同労働組合
け)警察の人権侵害を許さない会三鷹、研究所テオリア
さ)差別・排外主義に反対する連絡会、三多摩合同労働組合、三合労三信自動車
し)静岡沖縄を語る会、市民のひろば憲法の会、人権と報道連絡会、人権平和浜松
せ)全関東単一労働組合
た)立川自衛隊監視テント村
ち)千葉学校労働者合同組合
て)ディストピアTOKYO、天皇制を考える会:静岡
に)日本キリスト教団神奈川教区ヤスクニ天皇制問題小委員会
は)排外主義にNO!福岡、反天皇制運動連絡会
ひ)「日の丸・君が代」の法制化と強制に反対する神奈川の会
ふ)福岡サウンドデモ裁判原告団、福岡市民救援会、不戦へのネットワーク、府中緊急派遣村、府中緊急派遣村労働組合
ほ)北部労働者法律センター
や)靖国・天皇制問題情報センター
ゆ)有事立法治安弾圧を許すな!北部集会実行委員会
よ)横浜生活保護利用者の会、夜まわり三鷹
ろ)労働運動活動者評議会
r)rage football collective 
ほか、341個人


「11.20 天皇制いらないデモ(吉祥寺)」への右翼・警察一体のデモつぶしー天皇制暴力ーに抗議する声明

 2016年11月20日、私たちは、吉祥寺駅周辺において「11.20 天皇制いらないデモ」を行いました。
 同年8月8日に発表された天皇・明仁による「おことば」は、天皇自身による退位の意向の表明と天皇制の存続を命じたものでした。この国を覆う差別と抑圧の構造である天皇制とその体現者である天皇による攻撃に対し、反撃の嚆矢として私たちはデモを企画しました。
 当日、井の頭公園へ集合し12時45分から開始した集会は、右翼の拡声器による罵詈雑言などの妨害にさらされながらも貫徹され、14時にデモは出発しました。
 公園を出た途端、デモ隊は右翼の攻撃にさらされました。デモコースのごく初期の段階で、40枚近くあったメッセージボードやプラカードは1枚を残して奪われ、7メートルほどの大横断幕は奪われ引きちぎられました。参加者が持って来た旗やポール、4台のトランジスタメガホンが奪われ破壊されました。そして、宣伝カーのフロントガラスは襲撃により大きなひびが入り、ナンバープレートやサイドミラーは剥ぎ取られ、備え付けのメガホンは断線され音が出なくなりました。
 右翼の襲撃は参加者にも及びました。殴る、蹴る、引き倒すなどの暴力により、6名以上が出血。痣が出来た人、前歯の欠けた人も居ました。とりわけ、女性や体の小さな参加者への暴力が目立ちました。また、聞くに堪えない民族差別的発言も受けました。通常は40分程度のデモコースに対し1時間30分かかりました。
 この様な、暴行、傷害、窃盗、器物損壊などの右翼の行為に対し、警察・機動隊はデモ中、容認・放置の態度をとり続けました。それどころか、ゆっくり進まざるを得ないデモ隊に対して、「早く進め」などと言って、押したり引いたりしました。
 私たちは、右翼による暴力に加え、警察権力による「暴力の放置」という弾圧を受けたのです。天皇制に反対する意思を街頭で表明するだけで、これらの事が公然と行われたのです。近年、この国において、国家や行政へ抗議する街頭行動や直接行動が行われてきましたが、この様な激しい弾圧を受けたものは滅多に無いでしょう。そこに表現の自由は全くありません。この日、「国民」一人一人に象徴と思う事を強いる「国民の総意」としての天皇制が持つ暴力が顕わになったのでした。
 また、警察から情報を伝えられた周辺自治体の市議会議員が、主催者の私たちに断りなくデモコースをインターネット上で明らかにしてしまいました。同時に自治体は、防災メールなどで、それまでのデモに対しては行ってこなかった「デモによる混乱が予想される」という情報を流し、デモ自体を災害や迷惑行為の様に見做す表現をしていました。この様な対応について、私たちは自治体に抗議申し入れを行い、今後は改める旨の回答を受けていますが、その後の情報では、自治体からの連絡を受けた小学校が、生徒に『20日は危険だから吉祥寺に行くな』という指導をしていた事も明らかになっています。これらは全て、表現の自由に対する妨害行為です。
 一方で、残念な事に、自由を求め諸権利を守ろうとする人びとの中からですらも「反天皇制のデモを行うからこの様な目に遭うのだ」といった声が聞えてきます。
 天皇制はこの国を覆う最悪のイデオロギー装置の一つであり、反対する私たちといえどもその影響からは決して自由ではありません。そのような天皇制に抗するため、私たちは「11.20 天皇制いらないデモ」を企画しました。当日に行われたデモへの攻撃は、天皇制に反対する意見を封じ込めようとする暴力です。それはまさに天皇制そのものの姿です。私たちはこの様な攻撃・暴力に対し断固抗議します。そしてこれからも天皇制を無くす闘いを続けていきます。
 
2017年2月2日
11.20 天皇制いらないデモ実行委員会