11.20天皇制いらないデモ実行委員会ブログ★

10・22天皇即位式弾圧★仲間を全員奪還しました!

 

    ↓ どんどん広めてください

 

f:id:tennoout:20191101221710j:plain

10・22天皇即位式弾圧★仲間を全員奪還しました!
天皇制弾圧ゆるさず11・14大嘗祭反対ナイトイベントへ!


◆獄中に11日間も仲間を捕らえながら続けられた「即位祝賀パーティー」
 11月1日、天皇即位式弾圧で不当逮捕され、勾留されていたふたりの仲間をとりもどしました!やったー!10月25日に先に奪還した仲間もふくめて、3名とも不起訴処分です!無実の仲間を11日間も勾留した警察、検察、裁判所をゆるさない!謝れ!仲間を獄につなぎながら連日「祝賀」パーティーに明け暮れた天皇制を絶対にゆるさない!廃止だ!
 10月22日の天皇即位式反対デモには、500名を超えるひとびとの参加がありました。政府・マスコミの奉祝強制キャンペーンを打ち破って、「祝わない!」「天皇制いらない!」「即位式やめろ!」の声をあげたのでした。首都「戒厳」の2万6千人の警備体制を敷いた警視庁は、デモに凶暴に襲いかかり、3名の仲間を逮捕しました。天皇制反対の声の広がりを、むき出しの暴力を使って押さえ込もうという天皇警察の仕業です!

 

◆天皇制の暴力が明らかに-広がる抗議の声
 72時間の監禁を経て、地検がだした勾留請求を地裁が一度は却下しました。裁判所も勾留をためらうほどの不当逮捕だったということです。ここで1人は奪還できましたが、裁判所は不当にも検察の準抗告を認め、のこり2人にはさらに10日間の勾留がつけられてしまいました。
 被弾圧者は警察の差別的・侮蔑的な取調べに黙秘でたたかいました。弁護団は連日連夜の接見、法的対応、書面作成に全力を尽くしてくれました。救援活動は、デモ当日の警察署抗議を皮切りに、カンパあつめ、警察署前での激励、差し入れ妨害への抗議、10月30日の勾留理由開示公判、地裁前での「なかまをかえせ祭り」、東京地検への抗議など、さまざまな動きを連日展開し、たくさんの仲間とともに弾圧への抗議の声をあげ続け、奪還を勝ち取りました!ツイッター経由で獄中へのたくさんの激励メッセージもいただきました。ありがとうございます!
 勾留理由開示公判で獄中の仲間が「今回の弾圧をうけて、天皇制の暴力性、弾圧の体質に改めて気づかされた」と陳述しました。この弾圧を知った多くの人が同じ思いでいるでしょうし、天皇制の生々しい暴力を初めて知った人もいると思います。ナルヒト天皇制が、その即位式の日に反対デモを弾圧して始まったことを、わたしたちは絶対に忘れません。

 

◆11・14大嘗祭反対ナイトイベントへ!みんなあつまれ~!
 11月14日には、天皇が「皇祖神アマテラス」と共食するという最重要の宗教儀式「大嘗祭」が皇居で夜を徹して行うことが予定されています。一晩の儀式のために27億円もの税金をつかって、天皇の神格化をもくろむ政教分離違反の宗教儀式が行われようとしています。
おわてんねっとは、この大嘗祭に抗議するナイトイベント「大嘗祭反対!@トーキョーステーション」を11月14日18:30~ 東京駅前丸の内駅前広場で行います!
天皇制弾圧をはねかえし、「終わりにしよう天皇制!」の声をもっともっと!なかまたち!引くなー、押せ押せ!        

 

2019年11月1日 「10・22天皇即位式弾圧救援会」

 

「救援カンパをよろしくおねがいします」
弁護団は大奮闘してくれました!
最低限の弁護士費用をお支払いしたいのですが、不足してます!
カンパを引き続きよろしくおねがいします!

◆救援カンパの送り先→【郵便振替00100-3-105440】 「救援連絡センター」あて 
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください

 

10・22天皇即位式弾圧★仲間を全員奪還しました!

 

    ↓ どんどん広めてください

 

f:id:tennoout:20191101221710j:plain

10・22天皇即位式弾圧★仲間を全員奪還しました!
天皇制弾圧ゆるさず11・14大嘗祭反対ナイトイベントへ!


◆獄中に11日間も仲間を捕らえながら続けられた「即位祝賀パーティー」
 11月1日、天皇即位式弾圧で不当逮捕され、勾留されていたふたりの仲間をとりもどしました!やったー!10月25日に先に奪還した仲間もふくめて、3名とも不起訴処分です!無実の仲間を11日間も勾留した警察、検察、裁判所をゆるさない!謝れ!仲間を獄につなぎながら連日「祝賀」パーティーに明け暮れた天皇制を絶対にゆるさない!廃止だ!
 10月22日の天皇即位式反対デモには、500名を超えるひとびとの参加がありました。政府・マスコミの奉祝強制キャンペーンを打ち破って、「祝わない!」「天皇制いらない!」「即位式やめろ!」の声をあげたのでした。首都「戒厳」の2万6千人の警備体制を敷いた警視庁は、デモに凶暴に襲いかかり、3名の仲間を逮捕しました。天皇制反対の声の広がりを、むき出しの暴力を使って押さえ込もうという天皇警察の仕業です!

 

◆天皇制の暴力が明らかに-広がる抗議の声
 72時間の監禁を経て、地検がだした勾留請求を地裁が一度は却下しました。裁判所も勾留をためらうほどの不当逮捕だったということです。ここで1人は奪還できましたが、裁判所は不当にも検察の準抗告を認め、のこり2人にはさらに10日間の勾留がつけられてしまいました。
 被弾圧者は警察の差別的・侮蔑的な取調べに黙秘でたたかいました。弁護団は連日連夜の接見、法的対応、書面作成に全力を尽くしてくれました。救援活動は、デモ当日の警察署抗議を皮切りに、カンパあつめ、警察署前での激励、差し入れ妨害への抗議、10月30日の勾留理由開示公判、地裁前での「なかまをかえせ祭り」、東京地検への抗議など、さまざまな動きを連日展開し、たくさんの仲間とともに弾圧への抗議の声をあげ続け、奪還を勝ち取りました!ツイッター経由で獄中へのたくさんの激励メッセージもいただきました。ありがとうございます!
 勾留理由開示公判で獄中の仲間が「今回の弾圧をうけて、天皇制の暴力性、弾圧の体質に改めて気づかされた」と陳述しました。この弾圧を知った多くの人が同じ思いでいるでしょうし、天皇制の生々しい暴力を初めて知った人もいると思います。ナルヒト天皇制が、その即位式の日に反対デモを弾圧して始まったことを、わたしたちは絶対に忘れません。

 

◆11・14大嘗祭反対ナイトイベントへ!みんなあつまれ~!
 11月14日には、天皇が「皇祖神アマテラス」と共食するという最重要の宗教儀式「大嘗祭」が皇居で夜を徹して行うことが予定されています。一晩の儀式のために27億円もの税金をつかって、天皇の神格化をもくろむ政教分離違反の宗教儀式が行われようとしています。
おわてんねっとは、この大嘗祭に抗議するナイトイベント「大嘗祭反対!@トーキョーステーション」を11月14日18:30~ 東京駅前丸の内駅前広場で行います!
天皇制弾圧をはねかえし、「終わりにしよう天皇制!」の声をもっともっと!なかまたち!引くなー、押せ押せ!        

 

2019年11月1日 「10・22天皇即位式弾圧救援会」

 

「救援カンパをよろしくおねがいします」
弁護団は大奮闘してくれました!
最低限の弁護士費用をお支払いしたいのですが、不足してます!
カンパを引き続きよろしくおねがいします!

◆救援カンパの送り先→【郵便振替00100-3-105440】 「救援連絡センター」あて 
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください

 

「10・22天皇即位式弾圧」2名の仲間をすぐに返せ!

救援会声明2(10/27発表)  どんどん広めてください!
10/25東京地検の勾留請求、東京地裁の勾留決定糾弾!
「10・22天皇即位式弾圧」2名の仲間をすぐに返せ!


◆一度は却下された検察の勾留請求
 10月22日に500名以上の参加を得て銀座で行われた「天皇即位式反対デモ」(おわてんねっと主催)において、3名の仲間が機動隊に強襲され、不当逮捕されました。許せない!
 10月25日に東京地検・森中検事は逮捕した3名の勾留(10日間:勾留期限11月2日)を東京地裁に請求。東京地裁は25日午後2時半ごろこの勾留請求を却下しました。つまり釈放の決定です。本来は当たり前のことですが、「司法の独立」など絵空事のこの国においては、検察の勾留請求を裁判所が却下することは大変珍しいことです。東京地裁が政治的な弾圧事件でそのような判断をしたことは前例がほとんどないそうです。
それくらい今回の弾圧が、天皇即位式反対の声をつぶすために準備・強行された不当弾圧だということです。

◆検事が「準抗告」! ひとりは奪還したが2名は逆転の勾留決定!絶対許さない!
 東京地検はこの決定に「準抗告」を出しました。勾留却下決定を不服として再び東京地裁に申し立てたのです。東京地裁刑事13部はこの準抗告を棄却し、築地署に勾留されていた仲間は無事釈放されました。
ところが東京地裁刑事8部・刑事17部は、夜半にかけても準抗告の審理を続け、夜9時ごろになんとこの準抗告を認めてしまったのです!
これで湾岸署と大井署にいる仲間の釈放は取り消され、10日間の勾留が認められてしまいました!ふざけるな!湾岸署と大井署の外では降りしきる雨の中、仲間や友人たちが二人の釈放を今か今かと何時間も待っていました。東京地裁のだまし討ち、絶対に許せない!

◆湾岸署の差し入れ妨害!抗議したら警官が「殺すぞ!」と脅迫!謝罪せよ!
その上湾岸署は、被疑者に当然保障されている差し入れの権利を「署の独自ルール」と称して恣意的に決定し、様々な理由をつけて妨害してきました。世界的にも非難ある「代用監獄」で、人権侵害が横行しているのです。
「殺すぞ!」脅迫刑事 25日夜には、救援会の仲間が湾岸署を訪れ、受付でこの差し入れ妨害に抗議を行いました。すると多数の警官が突如集められ、仲間たちを暴力的に排除し、あろうことか警官の一人は排除の渦中で「殺すぞ!」という暴言を吐いたのです!はっきりと動画も残っています。「殺すぞ!」発言をした警官は今すぐに謝罪しろ!

◆一日も早い奪還目指して連日救援活動にとりくんでいます!カンパもお願いします!
救援会・弁護団は残り2名の一刻もはやい奪還を目指して、連日活動しています。勾留期限前には、勾留理由開示公判や集会も予定しています。重ね重ねのお願いになりますが、救援カンパもよろしくお願いします。
天皇制弾圧粉砕!一刻も早く仲間をかえせ!  2019年10月27日 「10・22天皇即位式弾圧救援会」


◆救援カンパの送り先

  【郵便振替00100-3-105440】 「救援連絡センター」あて
※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください

 

【10・25に築地署から解放された仲間からのメッセージ】
「いきなり機動隊に襲いかかられて、カメラを壊されそうになりました。いつのまにかパトカーに。なぜ逮捕されたのか今でも全くわかりません。このデモを潰すためだけに準備された逮捕だったと思います。勾留がつけられてしまった2人も全く状況は同じだと思います。早く釈放すべきです。」

 

↓ どんどん広めてください ↓

f:id:tennoout:20191027185501j:plain

■救援会声明2  10/25東京地検の勾留請求、東京地裁の勾留決定糾弾! 「10・22天皇即位式弾圧」2名の仲間をすぐに返せ!(10/27発表)



2019.10.22天皇即位式反対デモでの3名不当逮捕を許さない!

救援会声明 
10・22天皇即位式反対デモでの3名不当逮捕を許さない
早期奪還への支援と救援カンパをお願いします‼
■天皇即位式のための厳戒態勢のなかでの不当逮捕  2019年10月22日、新天皇ナルヒトの即位式が皇居で行われました。台風の被害もつづくなか、世界各国からの400人もの招待客を招き、莫大な税金を費やし、2万6千人の警察官が厳戒態勢をつくりあげるなかで強行された即位式でした。高御座から即位を告げるナルヒトとそれに応える万歳の声は、主権在民と政教分離を破壊する、まさに天皇制にふさわしい儀式でした。  「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク(おわてんねっと)」は、この日、新橋から銀座にいたる「10・22天皇即位式反対デモ」を決行しました。500名をこえる参加者は、「祝わない」「税金かえせ」「即位式中止を!」などと書いたプラカードを手にして抗議の声を上げました。デモカーからは歌が流れました。 警視庁は、20年ぶりに設置されたという「最高警備本部」による弾圧態勢を背景に、この日のデモへの敵対的妨害を露骨におこないました。デモを両側から規制する重装備の機動隊は、参加者に手をだして腕をつかみ、押し、耳元で「早く進め!」と大声を張り上げるなどの妨害をくりかえしました。 逮捕弾圧は立て続けに起こりました。機動隊の妨害に「触るな」と抗議していた仲間3名が、突然「公妨!」「確保!」のかけ声とともに機動隊に体を押さえ込まれ、地面に引き倒され、逮捕されてしまったのです!白昼の不当逮捕です。デモ参加者は弾圧抗議の声もあげつつ、最後まで即位式反対デモをやり抜きました。
■弾圧とともにはじまったナルヒト天皇制 10月22日の新たな天皇制弾圧は、ナルヒト天皇制もまた、暴力と弾圧とともに歩むことを鮮明に示しました。「即位恩赦」の一方で3名の仲間を捕らえ、他にも何件もの即位弾圧がかけられるなか、即位式がおこなわれたのです。 天皇制が弾圧とともにあったのは戦前のことだけではありません。政治的自由が憲法で保障された戦後においても、天皇制反対者に対するでっちあげ逮捕や、尾行などの人権侵害、そして右翼テロが繰り返されてきました。 世界から不当弾圧と歴史の改ざんを少しでも減らすために、日本天皇制は一刻も早く廃止しなくてはなりません。
■救援カンパを!抗議を!天皇制廃止を! 3名の仲間は、築地署、湾岸署、大井署に分散留置され、「取り調べ」と称した警察の嫌がらせを受けています。突然日常生活から切り離され自由を奪われ、不安でいっぱいだと思います。孤独な獄中での闘いには、たくさんの皆さんがこの天皇制弾圧を自分のこととして受けとめて、支援を寄せてくださることが何よりの力になります。 弁護士費用、反撃のための救援カンパを寄せてください。警察に抗議電話をかけてください。救援会が呼びかける行動に参加してください。そして天皇制廃止のための道のりをともに歩みましょう! 弾圧粉砕!警察は仲間を今すぐかえせ!天皇制の即時廃止を! 2019年10月24日 「10・22天皇即位式弾圧救援会」 ◆救援カンパの送り先
 
【郵便振替00100-3-105440】 「救援連絡センター」あて  ※共用の宛先です。「10・22天皇即位式弾圧救援カンパ」と必ずご明記ください
◆抗議電話先(番号前に「184」をつけて非通知にしましょう)
 築地署03-3543-0110
 大井署03-3778-0110
 湾岸署03-3570-0110 
◆救援会の情報は、「おわてんねっと」のブログ(http://han.ten-no.net/)、ツイッターアカウント「おわてんねっと」で御確認ください。 【おわてんねっと今後の行動】 11月14日 大嘗祭反対!@トーキョー・ステーション 18:30 東京駅丸の内駅前広場 12月7日  終わりにしよう天皇制2019大集会・デモ 午後 千駄ヶ谷区民会館

 ↓ どんどん広めて!

 

f:id:tennoout:20191024101352j:plain

文字版 終わりにしよう天皇制2018 11・25大集会デモ

★☆終わりにしよう天皇制2018 11・25大集会デモ☆★


日時:2018年11月25日(日)13:30~(開場13:15)
   集会後デモ
会場:千駄ヶ谷区民会館2階(原宿駅10分)


講演:栗原康(アナキズム研究) 著書『何ものにも縛られないための政治学』ほか
芝居:森美音子(野戦之月)ほか
   コント・歌・アピールなど予定!

 

主催:終わりにしよう天皇制!「代替り」に反対するネットワーク
WEB:http://han.ten-no.net/
メール:owaten@han.ten-no.net

 

天皇の自己申告で始まった「代替り」も、いよいよ佳境に入りつつある。
2019年4月30日明仁退位、翌5月1日メーデー直撃の新天皇徳仁即位。
秋には即位礼、大嘗祭。奉祝賛美の雨あられ、「お人柄」報道の大洪水。

腐っている。もう全面的に腐っている。忖度とおべんちゃらの腐敗臭があたりに充満している。耐え難い。耐え難きは耐えられない!
もうたくさんだ!結構だ!

だから私たちは、「終わりにしよう天皇制!『代替わり』反対ネットワーク」を結成し、来年11月までの集中的な闘いを挑む。

昨年大好評だった「終わりにしよう天皇制大集会デモ」を11月25日に開催し、これをネットワークの活動のスタートとしたい。

天皇制に反対する皆さん、「代替り」プロセスに異議ある皆さん、よく分からんけど変だと思う皆さん!来たれ11・25集会デモに!
超総力結集でよろしくお願いします!

 おまけ:太鼓判を押してみた→f:id:tennoout:20181108020338j:plain

 

 

f:id:tennoout:20181006144527j:plain

ビラ

 

「第42回全国育樹祭 TOKYO2018」に反対した!

11月17・18日、東京都内で育樹祭が行われた。

1977年から全国を転々としながら毎年開かれている育樹祭は、天皇が植樹した木を皇太子が手入れするというもの。森林に対する愛情を国民が培うようになることを目的にしているそう。

今回の東京での育樹祭は、1996年の植樹祭で天皇が植樹した木を手入れするって名目だ。でも、11月18日に行われた式典の会場は、武蔵の森総合スポーツプラザ(調布)。武蔵の森総合スポーツプラザは、東京オリンピックのために2017年に作られた施設で、1996年の天皇植樹のときには存在しなかったんだけどね…。

 武蔵の森総合スポーツプラザに皇太子夫婦がやってきて、「森林を、健全な姿で次の世代へ継承し、美しい国土と豊かな暮らしを未来へとつないでいくことは、私たちに課せられた大切な務め」なんて言ったらしい。

森林への愛も継承も市井の人がそれぞれにがんばってやっているわけで、ただ訪問しただけの天皇があれこれ言うのは僭越ではないのかな?

 

ということで、多摩の仲間もかけつけ、育樹祭に反対するビラまきを飛田給でやった。

 

ビラと横断幕と、公安警察一握りを貼り付けたので見てください。

公安警察は普段は黒い背広なんて来てないけど、天皇家がらみだと「正装」するっていう…。天皇家が動くと、公安警察もぞろぞろついてくる。育樹祭に合わせ、天皇に何かやらかすんじゃないかって勝手な疑いために民間人の家にまで、公安警官が警戒に来ていたそうで。公安警察は「公務員」。公安警察一人に一体いくらの税金が支払われているのか。ついつい、金勘定したくなる。思想信条の自由を侵害しながら、天皇といっしょに税金が動いている…。

 

実際、育樹祭は、厳戒態勢の中で行われている。

式典会場の受付では、運転免許証などの本人確認書類をさせられ、式典会場での手荷物は全国育樹祭公式グッズと貴重品しか持ち込めず、入場ゲートでは本人確認・手荷物検査・金属探知機検査まで!検査のために、開始時刻2時間も前の朝8時に会場までに入らなきゃいけない。しかも、途中で入退場することも許されない。天皇がらみだと、がんじがらめだな。金属探知機とかで検査しなきゃ天皇が安心して会場に来れないって、国民を疑っているってわけだな。

 

 

↓ ビラ

f:id:tennoout:20181118205246j:plain

↓ 横断幕を広げた

f:id:tennoout:20181118210255j:plain

↓ 「正装」した公安警察の一部

f:id:tennoout:20181118210300j:plain

新元号制定に反対する署名が6,000筆超え! 11月15日までです

新元号制定に反対する署名の集約が、近づいています。2018年11月15日まで。なんと、6000筆に届きました。ありがとうございます。

 

駆け込み署名、ありです。思い立ったが吉日。

今すぐできる!オンライン署名はこちら→ http://han.ten-no.net/?page_id=150

 

 

↓ 「新元号制定に反対する署名用紙」と「ご協力のお願い」はこちら。A4版にプリントアウトして、ご利用を。署名の送り先は、「ご協力のお願い」の一番下です。

まだ署名集約まで10日以上あります。

 

署名集めに重宝なビラは→

http://tennoout.hatenablog.com/entry/2018/06/16/165544(元号をやめるべきこれだけの理由)

 

f:id:tennoout:20180815071818j:plain

f:id:tennoout:20180207110001j:plain