読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  11.20天皇制いらないデモ実行委員会ブログ★

junge Welt 16年11月26日

f:id:tennoout:20170315144303j:plain

f:id:tennoout:20170315144356j:plain

※ドイツのwebメディアです。リンクが切れてしまったのでスキャンしたものをアップロードしました。以下、抄訳です。

「君主制を支持する暴徒者集団」

日本:ウルトラナショナリストが、天皇制廃止を訴えるデモを攻撃

天皇が8月に退位の意向を表明してから、日本では、彼の生前退位について議論になっている。日本人の大多数は健康問題を抱えた天皇の意向を支持しているが、退位には憲法上明確な規定がない。保守右派の安倍政権は、難しい舵取りを強いられている。

根本的な天皇制廃止を訴えている人々は、これを機会に市民に訴えようとしている。そこには議会外左翼、アナーキストグループ、アナルコサンディカリズムのグループが含まれる。日曜日、数十人のデモ参加者が「天皇制は不要だ」を旗印に吉祥寺に集合した。日本の極左を扱うブログ「書を捨てよ」の情報によれば、このデモは反軍国主義団体の主導によって行われた。Youtubeで公開されたビデオによれば、デモ隊はガントレット(中世ヨーロッパやアメリカで行われた軍隊の間を通り抜ける刑罰)のように警察たちに挟まれており、明らかに通常のデモ以上に警備されている。それは、超国家主義グループの支持者からなる暴徒から彼らを守るためのものである。この者たちは、デモ隊のコールをメガホンで妨害し、プラカードを奪い取り、デモ隊のバスの窓を殴りつけた。

このデモ参加者たちの天皇制廃止の訴えは、天皇を公に批判してはならないという「菊のタブー」を犯したのだ。10万人と言われる極右グループの支持者だけでなく、天皇は(一般国民にとっても)国民と日本のアイデンティティーの神聖なシンボルである。天皇を批判するものは、いまだに暴力で脅かされる。

(以下2段落には戦前から戦後の天皇の地位に関しての説明のあと、戦後占領群は天皇を訴追しなかった。昭和天皇の戦争責任を問うことはいまだにタブーで、天皇の戦争責任を問う研究者は今でも、右翼から脅迫や暴力を覚悟しないといけないことについて書かれています。)