読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  11.20天皇制いらないデモ実行委員会ブログ★

都教委包囲ネット「2・5総決起集会」特別決議

愛国心・国家主義を煽り、暴力で思想・信条・表現の自由の権利を蹂躙する安倍政権・右翼勢力を許さない!

 新たな侵略戦争国家づくりにひた走る安倍政権のもと、許しがたい弾圧が沖縄で、東京で、そして全国各地で起こっています。
 去る11月20日、吉祥寺で行われた「生前退位?皇族解散だろ!11・20天皇制いらないデモ」に対する右翼、警察一体となっての闘争破壊もその典型です。
 デモ出発直後、大勢の右翼が機動隊が見守る中で、先頭の宣伝カーのフロントガラスやミラー、拡声器を散々に破壊しました。右翼はその後も解散地点まで約1時間、デモの両側から襲いかかり、横断幕、のぼり、40枚あったメッセージボード、果てはゼッケンまでを次々奪い、破り去りました。沿道に訴えるためのマイクは奪われ壊されました。天皇制批判のデモであることを示すものをすべからく破壊し、奪い去ることを狙ってのことと思われます。
 同時に機動隊は、デモの両側を壁のように囲んで公衆から隠した上で、高齢者、女性の別なく、「前へ進め」「詰めろ」などと声を荒げて押しまくりました。右翼は車道や歩道を悠々と歩き回り、モノを投げる、殴る、蹴る、引き倒すなど、好き放題に暴力をふるい、けが人も多数でました。
 警察は、目の前で暴行、傷害、器物破損、窃盗などが繰り返し行われたにもかかわらず、それを容認し、かつ軌を一にして自らもデモ参加者に罵声を浴びせつつ「規制」と称して暴力的な弾圧をかけました。それは「支配権力に背くもの、国家の秩序を乱すものに人権無し」と言わんばかりの憎悪と差別感に満ちたものであり、沖縄で反基地闘争の参加者を「ボケ、土人」と罵った大阪府警機動隊など警察全体に通じるものです。
 今回の右翼・警察が一体となっての闘争潰しは、まさに天皇・天皇制という「不可侵な存在」への真っ向からの異議申し立てに対してかけられた攻撃です。しかし、今回のようなデモへの襲撃を見逃せば、やがてそれはすべての異議申し立て・デモや集会への襲撃に道を開くことになりかねません。
 改憲・天皇代替わりに向けて、今回のような事態が強まることを危惧しないわけにはいきません。国会での「代替わり」をめぐる法案審議さえ、静謐を旨とすることで与野党が固まりそうな気配です。「日の丸・君が代」・元号・天皇即位関連の祝賀の強制、さらにはオリンピックを通じた国威発揚、愛国心教育などがさらに強まることは必至です。同時にそれらに異議を申し立てるや否や、「非国民」さらには「テロリスト」などの言葉が浴びせられかねません。少しの抵抗も許さない、そのための見せしめとして、闘う人々への襲撃・弾圧はかけられるのです。
 都教委による不当な弾圧をはねのけて闘いついできた「日の丸・君が代」への不服従の意義を改めて確認し、ともに闘いを進めましょう。それこそが思想・信条・表現の自由と権利を守る唯一の道です。卑劣な暴力にはともに抗議の声を上げ、弾圧を跳ね返して闘い続けましょう。

 以上、決議します。
                     2・5総決起集会参加者一同

 

都教委包囲ネット → http://houinet.blogspot.jp/2017/02/blog-post_8.html